日 常 の 浄 化 槽 管 理


浄化槽は生きています。正しい使用、管理によって大きな働きをします。
快適な日常生活を送るため、日頃の使用に注意しましょう

水はきちんと流してください

使用水量が少ないと途中で詰まったり浄化槽の働きが悪くなります。使用の都度、きめられた量を流しましょう。

薬品類は使わないでください

洗浄剤、洗剤、殺虫剤等で、浄化槽の正常な機能を妨げるものは流さないでください。浄化槽の微生物の働きを低下させてしまいます。
(合併処理)浄化槽には、使っ油は流しなどに流さず、ゴミと一緒に出してください。
               
トイレにはトイレットペーパー以外の異物を流さないで下さい。

タバコの吸い殻、生理用品(雑物・ゴム製品)は絶対に入れないでください。

電源は絶対に切らないでください

ばっ気型浄化槽で電源を切ると微生物が死んで処理ができなくなります。  

放流水は必ず消毒を!!

浄化槽の放流水には消毒を行います。
消毒剤の補給が必要です。(保守点検業者にお問い合わせください)

か、はえの駆除をしてください

殺虫剤(DDVP樹脂蒸散剤)をマンホール 等からつるして駆除します。
薬局でお買い求めいただくか(印鑑必要)、保守点検業者にお問い合わせください。

マンホールの上に物を置かないでください

点検や清掃、検査作業のとき不便です。

通風装置はふさがないでください

腐敗型の浄化槽は空気が通じるようになっているので出入口をふさがないよう注意してください 。
管理の記録は保管してください

保守点検・清掃・及び検査の記録はまとめてわかり易い場所に保管しましょう。
    ○保守点検記録票  (3年間保存)
    ○清掃記録票     (3年間保存)
    ○法定検査結果書  (保存書類)

 
ちょっとした心づかいで、浄化槽は大きな働きをしてくれます
 

 
※使用済の油やひどい汚れは直接流さず、拭き取ってゴミに出しましょう
※洗剤・漂白剤は適量を使い、中性洗剤を使用するよう心がけましょう
 

 
もし、これだけの汚れのもとを家庭から流すと…
 
()内は汚れの程度BOD(単位mg/リットル)赤の数値は捨てる汚れのもとの量
青の数値は魚が棲める水質にするには風呂おけ(300リットル)何杯分か…

 


<<BACK
 


Copyright 2005 mieken−suisituhozenkyokai.All rights reserved